ジパングカジノボーナス」カテゴリーアーカイブ

テーブルマウンテンカジノのメンバー

テーブルマウンテンカジノのメンバーであるジパングカジノボーナスは、テーブルマウンテンカジノのおかげで、この感謝祭の季節に感謝する理由が123,500以上もあります。フレズノ居住者は、テーブルマウンテンカジノの完全にランダムな大規模なキャッシュジャックポットの最新のジパングカジノボーナスの勝者です。バーバラは彼女の好きなブラックパンサーのマシンを再生しながら巨大な$ 123,500.07の大当たりを獲得した。

ジパングカジノボーナスのバーバラは10年にわたりテーブルマウンテンカジノの選手クラブに加盟しており、カジノでのプレーが大好きです。彼女の賭け金が123,500.07の大規模なキャッシュジャックポットを授与していたブラックパンサードルマシンの突然のヒットだったので、オンラインカジノバーバラはこの感謝祭の週にテーブルマウンテンカジノに立ち寄ったのは特に幸運でした。

Massive Cashは、ジパングカジノボーナスの完全にランダムな大当たりで、セントラル・カリフォルニアのテーブルマウンテン・カジノでしか見つかりません。マッシブ・キャッシュは、5万ドルから15万ドルの間のどこかにぶつかることが保証されています。それがヒットするとすぐに、Massive Cash Jackpotメーターが再び登り始めます.50,000ドルという莫大な金額から始まり、毎分大きくなり、再びランダムにヒットします。あなたのマシンにテーブルマウンテンカジノプレイヤーのクラブカードが挿入されているだけで、この大当たりを発動させるにはスロットリールでの勝利の組み合わせは必要ありません。

ロブゴスリンカジノ(https://www.onlinecasino-jp.com/)の社長兼ゼネラルマネージャーは、今週の大きな勝利でバーバラにお祝いを申し上げ、ジパングカジノボーナスとテーブルマウンテンカジノで全チームを代表して、バーバラに大規模なキャッシュジャックポットが勝ったことをお祝いします!感謝祭の季節を祝うために楽しく勝利する方法です。私たちはジパングカジノボーナスとバーバラがカジノに立ち寄ったことをとてもうれしく思っており、彼女は長年の忠誠心に感謝しています。

一年を通して30周年を迎えるテーブルマウンテンカジノは、大当たりの賞金を毎月何百万ドルも授与することで有名です。過去1ヶ月間に、テーブルマウンテンカジノの選手たちに1200万ドル以上が授与されました。 1200万ドル以上!

テーブルマウンテンカジノは、勝利の雰囲気、最も親切で歓迎されているゲストサービス、プレイヤーズクラブのほとんどの報酬のために、中央カリフォルニア全土でよく知られています。 11月は、30周年記念プロモーション、Play、Spin and Win火曜日、30万ドルの水曜日のスロットトーナメントの祝典、木曜日の獲得&獲得、さらには11月30日の3万ドルのDiamond Giveawayの賞金があります。来るDece。 1、テーブルマウンテンカジノで最大のプロモーションが発表されます。

BonusFinder.comの調査により、米国の陸上にある主要なゲーム会場が閉鎖され、ライブスポーツがキャンセルされたことにより、北米全体で「オンラインカジノ」のインターネット検索が100%増加しました。

調査は、Googleトレンドを使用して今年2月から3月末にかけて行われ、スロットマシンをオフに切り替えた陸上施設やスポーツイベントのスケジュールが変更されたことに伴い、「オンラインカジノ」を探しているジパングカジノボーナスのプレーヤーの急増が明らかになりました。

3月12日に転換点が訪れ、米国のプレーヤーが「スポーツベッティング」よりも「ジパングカジノボーナス」を検索した数が2週間で倍増しました。

2018年8月にPASPAが廃止されて以来、米国の17の州がスポーツ賭博を規制しており、デラウェア州、ミシガン州、ネバダ州、ニュージャージー州、ペンシルベニア州の5つだけがゲームを開始しています。

2020年2月の合衆国におけるスポーツ賭博とオンラインカジノの「処理」の合計は、17億ドルを超えました。

Sportsbookのハンドルは3月以降劇的に減少すると予想され、ジパングカジノボーナスのオペレーターと州は損失を軽減し不足を補うことを緊急に求めています。オンラインカジノへの関心の高まりの結果として、すでに賭けを規制している州の議員は、高速追跡イゲーミングを検討することができます。

VIXIOギャンブルコンプライアンスによれば、ニュージャージー州だけで、2019年には4億8270万ドルの総ゲーム収益(GGR)を、2020年2月には5200万ドルを生み出しました。

たとえば、業界団体であるiDevelopment&Economic Associationは、知事が緊急時の力を利用してオンラインカジノを迅速に稼働させる方法を模索するなど、ジパングカジノボーナスのオンラインカジノゲームが消える収益に取って代わることを認めることをすでに州に求めています。

Bonusfinder.comの代表取締役であるFintan Costello氏は、次のように述べています。「igmingを開始した5つの州では、ニュージャージー州が先導して月々の収益が増加しています。プレーヤーを保護するための堅牢で責任のあるフレームワークを備えており、オンラインとオフラインのカジノが同じテリトリー内で連携して動作し、一貫して非常に健全な収益を生み出すことができることを示しています。」

「これは、すでにオンラインスポーツ賭博制度を確立している12の州への目覚めの呼びかけです。彼らは、プレーヤーからのオンラインカジノへの多大な関心に注目し、この勢いを利用して、ライセンスされていないオフショアサイトと闇市場にプレーヤーが目を向けるのを見始める前に、アイマミングを法制化する必要があります。

「この前例のない状況が続く限り、需要は引き続き増加します。したがって、今こそ、プレーヤーが責任を持って楽しむことができ、州政府が補うこともできる、クラス最高の規制されたリアルマネーオンラインカジノゲームを提供することに集中する時です。収益不足。」

先月、BonusFinder.comがスウェーデン市場を監視して実施した調査では、闇市場のキーワードのバスケットを探しているスウェーデン人プレーヤーの急増が明らかになりました。スウェーデンのオンラインカジノプレーヤーの約3分の1が「ライセンスのないカジノ」をオンラインで検索しており、市場の厳しいジパングカジノボーナスのゲーム規制により、ブラックマーケットブランドへの移行が進んでいます。